かんたんバーコード・ラベル発行(卸売業/製造加工業/A社様)

導入経緯

弊社ではメーカーからの仕掛品を仕入れ、加工処理をしてから販売・卸を行っています。

メーカーから仕入れる際に、メーカーによっては材料など管理コードがないものが多々ありました。

このツールを導入する前までは、手書きで作った商品管理コードのシールを貼って商品(材料)管理をしていました。しかし、新しい商品(材料)が次々と増えていき、仕入担当者から「いつ管理ミスが起こってもおかしくない」と声が上がってきました。

そこで、弥生販売で管理している自社管理コードを倉庫で発行できないかと探していたところ、偶然「アプリバンク」を見つけ、問い合わせたところ、メリットがあると判断し、導入する流れとなりました。

導入後

  1. 自社JANコードでの商品管理
    今まで利用していた商品管理コードを自社JANコードに変更し、現在は問題なく倉庫での商品管理シールを発行することができています。
    弥生販売商品台帳の商品コードに自社JANコードを登録しましたが、既に別コードを登録していました。その際も、変換手順をお教えいただき、非常に助かりました。

  2. 身軽な作業環境
    今までは入荷ピッキング作業時に、シールやペン、ハサミなどたくさんの道具を持ち歩いていましたが、今では、片手にハンディターミナル、腰ベルトにコンパクトラベルプリンタを身に付けるだけで、身軽に作業を行うことができます。

  3. 商品名の印字により照合がスムーズに
    商品管理シールを手書きから印字にしたことで、字が読みづらいといった問題がなくなり、さらに、今まで記載していなかった商品名が一緒に印字され、商品照合もかなり楽になりました。

かんたんバーコード・ラベル発行の詳細を見る